MENU

ブログ初心者がネタ切れを生じる原因を追求!ネタ探しの方法も伝授

悩み人

ブログを始めたのはいいものの、すでにネタ切れ状態だよ…

ヒラバ

ブログのネタ切れには原因があるので、まずはそこを理解しましょう!

ブログを始めたばかりの頃は、書きたいことがたくさんあって書く手が止まりませんが、数ヶ月経った頃にはペースが落ちて、書くネタがなくなる人が多いのが現状です。

今回は、そんなブログのネタ切れを生じる原因についてまとめた記事となります。

あわせて、ブログネタの探し方についてもご紹介していますので、ぜひ参考にされてください。

ブログをまだ始めていない方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

目次

ブログ初心者がネタ切れを生じる原因

ブログのネタ切れが生じる原因として、考えられるものは以下の4つです。

ブログのネタ切れが生じる原因

1. ブログのコンセプトが決まっていない
2. 特化ブログにしたがために、書く内容が制限されてしまう
3. 日常生活をなんとなく過ごしている
4. 自分と向き合えていない

それぞれ解説していきます。

1. ブログのコンセプトが決まっていない

まずは、「どんな人に自分のブログを読んでもらいたいのか、どんな情報を届けたいのか」

この、コンセプトが決まっていないことには、ブログを書く手が進まなくなってしまいます。

初めからピンポイントでコンセプトを決める必要はありませんが、大まかにこんなブログにしたいなどは、決めておく必要があります。

例えば…

・人の役に立つ情報を発信したい
・自分の考えを発信したい
・勉強のやり方がわからない学生に読んで欲しい

など、大まかでいいのでコンセプトを決めることが大切です。

そして、ブログを書いていくうちに書きたいことが明確化してきて、ピンポイントのコンセプトができてくるのではないでしょうか。

2. 特化ブログにしたがために、書く内容が制限されてしまう

特化ブログは、ある1つのものに特化して書くことで、専門性や権威性、信頼性を生むことができるため、読者を絞れて収益化しやすいという特徴があります。

そのため、ブログ初心者は収益目的で特化ブログを始めて、書くネタがなくなってしまうという罠に陥りがちです。

例えば、ファイナンシャルプランナーの資格を持つ人が、お金についての特化ブログを始めるのはありだと思います。資格を持っている分、専門的な知識がありますし、お金や生活に関するあらゆる情報を持ち合わせているので、ブログネタに困ることはないでしょう。

しかし、人より特に優れている部分が見つからない人は、まず雑記ブログから始めることをオススメします。いろいろなジャンルを書いて、自分は何が書きやすいのか、何について書いているときが楽しいのか、などを見つけることから始めるといいでしょう。

ちなみに僕は一度、特化ブログにチャレンジしたことがありますが、書くネタに困り、更新スピードが落ち、最終的には更新できなくなってしまいました。

そのため、今回は雑記ブログで再チャレンジして、いろんな記事を書いていこうと思っています。

3. 日常生活をなんとなく過ごしている

日常生活を過ごしていると、ブログのネタになるようなことがたくさん転がっています。

例えば…

・本を読んだ→本の紹介記事
・ラーメンを食べに行った→食レポ記事
・わからないことを調べた→アウトプットで記事を書く
・〇〇に対してこう考えた→自分の考えを記事にする

など、身近なところにたくさんのネタが潜んでいます。

このチャンスを、ただの日常と捉えるのか、ブログのネタとして捉えるのかだけでも大きく違ってくるのです。

ブログ初心者の方は、まず日常の出来事から記事にしてみるといいでしょう。

4. 自分と向き合えていない

自分と向き合うことで、書くネタが見つかることもたくさんあります。

自分はどういう人間なのか?自分の趣味は?自分の特技は?自分の好きなことは?自分の悩みは?
こういった自分のことで書けるネタはたくさんあるのです。

また、自分の過去を振り返って、小さい頃にやっていたことなどを遡って考えることで、その幅は大きくなるでしょう。

例えば、小学生の頃に、アルミ缶のプルタブを集めて送ることで、車椅子が作られることを知って、たくさんのプルタブを集めていた経験があるとしたら、それについて書くことができます。

このような、自分の経験や体験談を振り返って書くことで誰かの役に立つかもしれません。

ブログネタに困ったときは、自分と向き合うことも1つの策と言えるでしょう。

初心者でもできるブログのネタの探し方

ネタ切れの原因がわかったところで、次はブログのネタの探し方を5つご紹介します。

ブログネタの探し方

1. 大まかなブログのコンセプトを決める
2. SNSや本から探す
3. 自分の身近なことや経験から書く
4. 外に出てみる
5. 100点を目指さない

それぞれ解説していきます。

1. 大まかなブログのコンセプトを決める

ブログのネタ切れの原因でもご紹介しましたが、大まかなコンセプトを決めるだけでも書くネタがたくさんあります。

人の役に立つ情報を発信したいというコンセプトであれば、自分が嬉しいと思ったことや、良いと思ったことを記事にして、読者の誰かを同じ思いにすることができたら、そのコンセプトは成り立っていると言えるでしょう。

まずは深く考えずに、コンセプトに沿った投稿をすることでネタ切れ防止に繋がります。まだ、コンセプトが決まっていない方は、大まかなコンセプトから考えてみましょう。

2. SNSや本から探す

SNSや本は、ブログネタの宝庫です。SNSのニュースやトレンド、本のワードなど自分が書けそうなもの、気になったものを片っ端から書いてみるのもいいでしょう。

また、Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトから探すのも1つの手です。

3. 自分の身近なことや経験から書く

自分の身近なことや、経験から書くこともオススメです。

自分が疑問に思ったことを調べる機会があると思います。自分が疑問に思うということは、他の誰かも疑問に思うかもしれないと考え、アウトプットとして書くだけでも記事は成り立ちます。

また、自分が行ったことのある場所やお店をまとめるだけでも、今後行ってみたいという方には役立つ情報となるのです。

4. 外に出てみる

外に出ることで、今までにはなかった発見ができるかもしれません。

例えば、いつも通っている道で何か発見や疑問が見つかるかもしれませんし、街に出ることでいろんな刺激や情報を得てネタが増える可能性だってあるのです。

ブログのネタが思いつかないときは、気分転換も兼ねて外に出ることをオススメします。

5. 100点を目指さない

これは、賛否両論あると思います。

中には、誰かが読むものだから、間違ったことは書けない!完璧な記事を書かないと投稿できない!という方もいらっしゃると思います。

とても責任感があって、素晴らしいことだとは思いますが、どこまでいくと完璧なの?完璧とは誰が決めるの?という疑問も生じてきます。

自分が完璧に書けたと思っても、読者からすると〇〇の情報が書かれていなかったなど、読む人によって感想は様々です。そうなると、完璧を目指すことはなかなか難しいように思います。また、完璧を追い求めると、更新頻度も遅くなり、読者が離れていく可能性だってあるわけです。

だからと言って、間違った内容を書くことも許されません。

まずは、正確な情報で60点を目指すところから始めるといいでしょう。60点の記事からスタートして、追加や修正を加えてクオリティーの高い記事を目指すことで、気負わずに投稿することができます。

ブログ初心者がネタ切れを生じる原因とネタの探し方まとめ

今回は、ブログネタについての記事をご紹介しました。

ブログネタについては、初心者の方は絶対に躓くポイントでもあると思います。ブログネタがなくなったから辞めるというのは、あまりにも勿体ないので、深く考えずに自分が書けることから書いていくようにしましょう。

僕も、ネタに困った際はこの記事を見直すようにします。

以上、今回の投稿はこれで終わりです。少しでもみなさんのお役に立てられたら嬉しく思います。

ブログを始めて1ヶ月以内に一発でGoogleアドセンスに合格した話はこちら▼

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次